« Raspberry Pi 到着!! | トップページ | 火打山 »

2012年8月26日 (日)

Raspberry Pi OS 設定(第一弾)

1 OSイメージダウンロード

公式サイトの「Downloads」から、「Raspbian “wheezy”」をダウンロード

2 OSイメージをSDカードに書き込み

以前購入した16GB SDカードを既存Linux(VMware Player上のCentOS)に接続し、ddでイメージを書き込み
【参考】RPi Easy SD Card Setup

OSイメージを解凍

# unzip 2012-08-16-wheezy-raspbian.zip

SDカードをUSBで接続しデバイスを確認(VMware Playerの[仮想マシン(V)][取外し可能デバイス(D)]で接続すると、Plug and Playで認識されるはず)

# tail /var/log/messages
Aug 25 08:38:38 centos5 kernel: SCSI device sdb: 31116288 512-byte hdwr sectors (15932 MB)
Aug 25 08:38:38 centos5 kernel: sdb: Write Protect is off
Aug 25 08:38:38 centos5 kernel: sdb: assuming drive cache: write through
Aug 25 08:38:38 centos5 kernel:  sdb: sdb1 sdb2 sdb3

解凍したOSイメージを、ddコマンドでSD カードへ書込み

# dd bs=1M if=/root/2012-08-16-wheezy-raspbian.img of=/dev/sdb
1850+0 records in
1850+0 records out
1939865600 bytes (1.9 GB) copied, 576.99 seconds, 3.4 MB/s

書込みの最中に、別コンソールで kill -USR1 すると途中経過が表示される

--- 別コンソール ---
# ps ax | grep dd
 5212 pts/0    R+     0:05 dd if /dev/sdb of /root/lycorisRaspberryPi_backup.img
 5332 pts/1    R+     0:00 grep dd
# kill -USR1 5212
--- dd 実行コンソール ---
# dd bs=1M if=/root/2012-08-16-wheezy-raspbian.img of=/dev/sdb
625+0 records in
625+0 records out
655360000 bytes (655 MB) copied, 171.561 seconds, 3.8 MB/s

fdisk でSD カードのパーテーション確認

# fdisk /dev/sdb

このディスクのシリンダ数は 15193 に設定されています。
間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合
に問題を生じうる事を確認しましょう:
1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO)
2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト
   (例. DOS FDISK, OS/2 FDISK)

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sdb: 15.9 GB, 15931539456 bytes
64 heads, 32 sectors/track, 15193 cylinders
Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               5          60       57344    c  W95 FAT32 (LBA)
Partition 1 does not end on cylinder boundary.(※1)
/dev/sdb2              61        1850     1832960   83  Linux(※2)
Partition 2 does not end on cylinder boundary.(※1)

コマンド (m でヘルプ): q
※1:「パーティション1はシリンダー境界で終わっていません」と警告されるが、いろいろ調べてみると無視していいみたい。
※2:SD カードの全容量が使われていないが、後で変更できるのでOK

 

3 OS初期セットアップ

本体にSD カードを刺してケーブル類を繋ぎ、最後に電源ケーブルを接続すると、見事Boot!!

以下のメニューが表示されるので、各項目を選択し設定していく。

Rasp5

項目内容設定値
info ツールの情報表示
expand_rootfs SDカードの全未使用領域を利用するように拡張(※3)
設定後は再起動が必要
設定
overscan 画面の周囲が切れる場合、周囲を空けるオーバースキャンを設定
configure_keyboard キーボード配列の設定変更
Set keyboard layout
Country origin gor the keyboard

Key to function as Alt Ctrl
Compose key
Use control+Alt+Backspace to terminate the X server?

[Generic 105-key (Intel) PC]
[Other]
[Japanese - Japanese (OADG 109A)]
[The default for the keyboard layout]
[No compose key]
<Yes>
change_pass 'pi'ユーザのパスワード変更 任意のパスワード ※必ず変更する
change_locale ロケール設定
※デフォルトの[en_GB.UTF-8 UTF-8]はそのまま
[ja_JP.EUC-JP EUC-JP]
[ja_JP.UTF-8 UTF-8]を選択
デフォルトロケールは[None](※4)
change_timezone タイムゾーン設定 [Asia][Tokyo]
memory_split CPUとGPUへのメモリの配分を変更
ssh sshの有効化 [Enable]
boot_behaviour OS起動後、GUIログインを利用する場合設定
update この raspi-config の新しいバージョンがあれば取得
※3:OSイメージ書き込み直後は、先頭から約2GBまでしか利用していない
※4:コンソールで文字化けするため

 

本ツールは、以下のコマンドで実行可

# raspi-config

以上で、OSの初期設定第一弾は終了、今後細かい設定を施していく。


« Raspberry Pi 到着!! | トップページ | 火打山 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1697918/46897716

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Pi OS 設定(第一弾):

« Raspberry Pi 到着!! | トップページ | 火打山 »